木が大好き・花が大好きブログ

アウトドアと無縁でしたが、いつのまにか低い山に登ったり、森を歩くようになりました。のんびり無理せずマイペース。みんな仲良し!

鳳鳴四十八滝から東へ歩いてみました。(宮城県仙台市青葉区)

三連休、いかがお過ごしでしたか?
仲良しは初日は滝を見たりしましたが、リラックスしたからか(笑)日頃の疲れがドッと出て、結果休養モードで締めとなりましたよ。

morigadaisuki.hatenablog.com ※滝の動画は↑こちらにUPしてみました。

 

f:id:morigadaisuki:20190715185240j:plain

ザザザザザー(温泉に行きたくなりました←疲れている)

f:id:morigadaisuki:20190715185248j:plain


さて、前回UPした鳳鳴四十八滝(宮城県仙台市青葉区)を見学した後、ほんの少しだけ小道を歩いてみました。
ええ、しっかり歩く気になりません。
だって暑かったんですもん。(暑いのがとにかく苦手です)

f:id:morigadaisuki:20190715185323j:plain

(リンリンリン!茂みからガオーは嫌です。)
この日の青空はまさしく夏!って感じでしたよ。

f:id:morigadaisuki:20190715185305j:plain

この小道沿いには水が流れていました。
なんて言えばいいのでしょう、小川?沢?水路?
せせらぎの音が心地よく、少しだけ涼しい気分になります。

f:id:morigadaisuki:20190715185257j:plain

食べてはいけない感が強いきのこ。

f:id:morigadaisuki:20190715185313j:plain

まん中の雲、山から吹き出てきたような縦型です。
国道48号をリュックを背負った年配のグループが歩いて行くのが見えました。
どこまで歩いて行くのでしょうか、どうやらウォーキングしているようです。
元気だなぁ・・・

f:id:morigadaisuki:20190715185333j:plain

赤い大きな橋から広瀬川の流れが見えました。
写真の上側は下流(東の方角)、仙台市中心部を通って仙台湾(太平洋)に流れて行きます。
あぁ、ここも初めての眺め・・・橋があるのも知らずにいましたよ。

f:id:morigadaisuki:20190715185340j:plain

ズームアップ!(色が飛んでるー苦笑)
本人は歓喜して撮っているのでご了承下さい。

さぁここまでです!たぶん10分も歩いていませんが暑くてたまりません。
車に戻りますよ。

f:id:morigadaisuki:20190715185349j:plain

戻る時に見えた鎌倉山。(標高520メートル)

鎌倉山についてはこちらをご参照ください。↓

 ja.wikipedia.org

 

この鳳鳴四十八滝の周囲には作並温泉ニッカウヰスキー工場などがあります。
温泉に泊まりながら、美しい自然やニッカウヰスキー宮城蒸留所を見学しに来て下さい!


www.sentabi.jp わかりやすくご案内されています。



鳳鳴四十八滝|仙台市 緑の名所 100選 ← ぜひご覧ください。













 






鳳鳴四十八滝(宮城県仙台市青葉区)

 

宮城県仙台市の中心部は青葉区にあるのですが、同じ青葉区でも山形県へ向かう西の方は豊かな自然の景色が広がります。
鳳鳴四十八滝(ほうめいしじゅうはちたき)を見に行きました。

f:id:morigadaisuki:20190713225342j:plain

いい天気~

ja.wikipedia.org


宮城県仙台市から山形県山形市へ至る国道48号線沿いに看板があって、初めてでもすぐわかりました。(山形へ向かう時は左側)
事前に調べたら、駐車場から徒歩3分で滝が見れてしまうらしい。
そんな近くにあるの?

f:id:morigadaisuki:20190713225352j:plain

手書きの看板「徒歩2分」って書いてある!

この看板は駐車場からすぐの所にあるので、本当にすぐそこに滝があるんですね。
なにしろ車降りたら「ザーーーーー!」って滝の音が聞こえるんです。
それも結構大きく聞こえるので、サイズも大きそうですよ。

f:id:morigadaisuki:20190713225405j:plain

ちょっとだけ進んだ所に案内板がありました。
撮影スポットは2ヶ所あるようですよ。

f:id:morigadaisuki:20190713225414j:plain

遊歩道が整備されています。(いい天気だなぁ~)
この緑の濃さ!熊ちゃんいるだろうなぁ・・・

徒歩3分だろうが、リンリン&シャンシャン、そしてエマージェンシーピーピーホイッスル常備です。
ついでにモンベルのハイキング用シューズですからね。(靴は普通のでも大丈夫です 笑)

f:id:morigadaisuki:20190713225425j:plain

緑が生い茂って日影ができています。

f:id:morigadaisuki:20190713225436j:plain

1ヶ所目。いきなりズームアップ。

ここは葉っぱが茂っているのでよく見えませんでした。
冬になればきれいに見えるんだと思います。
それにしても本当にすぐそこに滝がありますよ・・・2ヶ所目もすぐでした。

f:id:morigadaisuki:20190713225449j:plain

こちらはよく見えます!(歓喜
動画撮ってTwitterに上げてみました。↓

 

twitter.com

 

f:id:morigadaisuki:20190713225507j:plain

ザーーッ。(かき氷が頭に浮かんでいます)




長年住んでいても、何度も通っている国道のすぐ横にこんなに大きな滝があることを知らないでいました。(落差25メートル・幅10メートル)
今日は27.7℃まで上がって暑かったので、滝の近くにいると涼しい気がしましたね。


f:id:morigadaisuki:20190713225539j:plain

滝の向こうに見えるのは、鎌倉山です。(標高520メートル)

今日はここまでにします。
おやすみなさい。

 

 

昭和万葉の森で生物多様性クイズ!

f:id:morigadaisuki:20190709212637j:plain


自然の中をひんぱんに歩くようになってから、一番多く行っているのはたぶん昭和万葉の森です。(宮城県黒川郡大衡村

昭和万葉の森は気軽に行けて、かわいいオブジェを見ながらほのぼの気分で歩けます。
駐車場の所には食事処・万葉茶屋があり、食事や休憩ができるので、それも楽しみの1つなんですよね。(仲良しはたこ焼きばかり食べる)

f:id:morigadaisuki:20190709212539j:plain

 

森の中でクイズが出ました。

f:id:morigadaisuki:20190709212557j:plain


生物多様性クイズ

ある生きものが住む森は豊かであるということができます。
その生きものは次のうちどれでしょう。

A ニホンジカ

B フクロウ

C クワガタ

 

f:id:morigadaisuki:20190709212615j:plain

さぁ考えよう。 (字も絵も上手ですね~)

 

f:id:morigadaisuki:20190709212607j:plain

 

答え

B フクロウ

解説
 森の食物連鎖におけるピラミッドは、フクロウやオオワシ、クマなどの肉食動物を頂点として、小動物のリスやネズミ、シジュウカラ、これらのエサとなる昆虫、さらに昆虫が集まる花や樹液、木の実というように繋がっています。
 フクロウがいる森は、このように豊かな生態系が形成されているという1つの指標になります。

 

f:id:morigadaisuki:20190709212548j:plain

カン!カン!カン!カン!

 

f:id:morigadaisuki:20190709212625j:plain


子供の頃、父が仕事帰りにフクロウかミミズク?みたいな鳥を連れて帰って来たことがあります。
動けなくなっていたのを見つけたら、そのままにしておけなかったらしいです。
初めて間近で見る大きな鳥、どうしたものかと。

余っていた鳥かごを分解して(苦笑)、新聞紙の上にフクロウ?をおいて、金網の部分を上からかぶせました。
おとなしく仲良し家の玄関に1泊、翌朝動物病院に預けましたよ。。

 

morigadaisuki.hatenablog.com

morigadaisuki.hatenablog.com

morigadaisuki.hatenablog.com

 

幸せを呼ぶぶどう鈴・金運!

熊よけの鈴を「熊鈴」というのことを知ったのは、たぶん今年の2月末か3月頃じゃないかと思います。
このブログを書き始めてしばらくは、「熊よけ鈴」と書いていました。
仲良しはアウトドアに関する言葉、知らないことが多いです。

リンリンキーホルダーを買う前も「何か音を出さなければ!」とは思っていて、お守りの鈴が複数ついている家の鍵や車の鍵を「リンリン」いわせていたものです。
落としたら大変ですけど(苦笑)

そして今も背中で「シャンシャン」いわせているのは、ぶどうの房状の金運の鈴!

f:id:morigadaisuki:20190707222506j:plain

ジャーーーン! 右から2つ目が金運。

東北自動車道那須高原SA(下り線)の売店で売っています。
普通のバッグにつけたら、結構なシャンシャン度なので、自然の中を歩く時のリュックにつけています。

金運カモーン!

f:id:morigadaisuki:20190707222534j:plain

那須高原で見た植物。

 

f:id:morigadaisuki:20190707222521j:plain

鳥が写っていました!

 

f:id:morigadaisuki:20190707222549j:plain

平地では時期が過ぎたあじさいですが、高原ではまだ咲いていました。

 

f:id:morigadaisuki:20190707222621j:plain

きれいだなぁ。

 

f:id:morigadaisuki:20190707222634j:plain

なんともいえない青です。





タマネギはどのようになるのか知った日の感動ったらもう!

せんだい農業園芸センターのバラ祭りに行ったのは、6月1日。
あっという間に1ヶ月経過です。
早いなぁ~
当時は雨が降らなくてカラカラ、その中でバラ達は職員さんに助けてもらいながら、頑張ってきれいな花を見せてくれました。

morigadaisuki.hatenablog.com

morigadaisuki.hatenablog.com


タマネギ発見!

ところでこの日、せんだい農業園芸センターの敷地内で衝撃的な発見をしましたよ。
たまねぎがなっている、はえている?様子を目撃したのです。
最初遠目で見た時は、「ねぎが生えてる」と思いました。

f:id:morigadaisuki:20190702202850j:plain

なにこれーーーーーー!!

上だけ見れば「ネギ」なんです。(立派なねぎだなと)
でも近寄って見たら、下の方になにやら丸くて白い球があるじゃないですか。
そこからニューーーッと青いネギが生えている状態です。困惑しました。

調べたら、これがタマネギだったんです!
農家の親戚もいるのになぁ、たまねぎがどうなるのか、どう生えるのか見たことなかったんです。さすが農業園芸センター! 


タマネギの上の部分はネギなのか?

白い球であるタマネギの上には、青いネギが生えているように見えます。
ネギとして食べるのかなぁ?
調べてみたら、タマネギは収穫時期になると、葉っぱ(青いネギの部分)が倒れるそうです。
その頃には枯れたりしているし、食べてもおいしくないそうですよ。

・・・思い出しましたよ。
畑の"ネギ"がいつまでも収穫されず、倒れていたり枯れているのを見たことが何度何度もあります。食べきれなくてそのままにしているのかな?って思っていました。
違う、違う!
あれは"ネギ"じゃなくて、タマネギだったんだ!(それも食べ頃のヤツ! 笑)

仲良し、大感動でした。
教えてくれてありがとう!仙台市農業園芸センター!

f:id:morigadaisuki:20190702202906j:plain

f:id:morigadaisuki:20190702202915j:plain

きれいだね。

f:id:morigadaisuki:20190702202925j:plain

あんなにカラカラだったけど、梅雨に入ったらしっかり雨が降る。
自然のバランスが取れるなら、それでいいんですね。

 

f:id:morigadaisuki:20190702202942j:plain

水不足でも青空の下、咲きまくったバラ達。

 

f:id:morigadaisuki:20190702202933j:plain

えらいぞ。

 

f:id:morigadaisuki:20190702202951j:plain

川のように見えますが「大沼」という沼です。
この方向、もう少し先が仙台湾です。

 

 



美しいものを美しいと思える喜び。

f:id:morigadaisuki:20190629230203j:plain

 

雨です、雨。
宮城県も雨の日が続いて、気温が高くなったと思えばグッと下がったりです。
今年は梅雨らしい梅雨ですね~

f:id:morigadaisuki:20190629230238j:plain

時々思うんですけど
そこに在る植物や、見上げた青空に浮かぶ白い雲などの自然、人間が造った建築物も含めて、目に入るものを「美しい」と思えるのは嬉しいことです。
忙しかったり疲れていたり、心が閉じているとそう思えません。

f:id:morigadaisuki:20190629230212j:plain

 

思えないどころか、目の前にあっても見えてない時がありますもの。
後からそんな自分に気づくと、もったいなーい(><)って思います。

↑この写真のミツバチ、仲良しがあじさいに寄ってスマホを構えてるところに飛んできて「チュー」でした。(俺を撮ってくれ!)みたいな(笑)

f:id:morigadaisuki:20190629230255j:plain

 

ね、よく言いますでしょ。漢字の通り「忙しいと心を亡くす」って。
忙しいことも楽しめる人は心を亡くさないのかも知れませんが、仲良しはムリですね。
時間に追われるのは嫌ですから。

f:id:morigadaisuki:20190629230228j:plain

 

あじさい大好きです。
あじさいが見れると一気にテンション上がります♪
毎日嬉しくて仕方がありません!


出先で見ると、つい。

昨日は街なかウォーキングの途中で雨に降られました。
たどり着いたスーパーのトイレを借りた後、かさを買って出たら雨やんでたー。
値札とか切ってもらったので返品できず(苦笑)、かさを持って歩き続けた仲良しです。

f:id:morigadaisuki:20190623185254j:plain

先日、出先で見た石碑

仲良しあるある①
古そうな石碑を見かけると、いつ建てたのか知りたくなります。
昔もそこに人が住んでいて、なんらかの思いを込めて作った(建てた)石碑。
この石碑はかなり大きくて、建てるの大変だっただろうな。

f:id:morigadaisuki:20190623185306j:plain

昭和3年11月10日 工事総額金弐千五百圓也

昭和3年の2,500円は今のお金に換算すると、いくらぐらいだったのでしょうね。
(単純に比較できませんが)
石碑の周りに多くの村の人達が集まって、みんなでお祝いしながら喜んでいる様子を想像しています。ほのぼのする。

f:id:morigadaisuki:20190623185329j:plain

石碑に書いてある「八幡神社表参道階段」です。

仲良しあるある②
階段見ると登りたくなります。
足の筋肉が少し丈夫になった今日この頃、階段を見ると(行けるかー?)自分の中で声がしますね(笑)
たいていは(よっしゃ行ったろかー)という答えも聞こえてきます。

f:id:morigadaisuki:20190623185338j:plain

ズームアップ!鳥居が見えます。

仲良しあるある③
終点が見えていると「登ろう」という気持ちになりやすい。
仲良しにとっては結構な傾斜で長めの階段なんですけど、はるか向こうに鳥居が見えているので、頑張る目安がつきますからね。

f:id:morigadaisuki:20190623185316j:plain

宮城県石巻市(旧河北町)にありました。

仲良しあるある④
景色がいい丘の上に弱い。
この案内図を見ると、階段を登ると神社があったり広場があったり、遊歩道の向こうは小さな山の頂上があるんじゃない??って誘われてしまうのです。





今回は階段の下で景色を想像しただけです ^^
でも自然豊かな所で、すぐ近くに北上川があるし絶対景色がいいはず!
旧地名の河北町って、北上川の北側にあるから河北町だったのかなぁ。。
ちなみに河北町の隣りには、(旧)河南町という町名もあったんですよ~。






画像をひたすらUP(宮城県仙台市・太白山2019.5.11②)

f:id:morigadaisuki:20190616162906j:plain

太白山一帯は宮城県の自然環境保全地域に指定されています。

f:id:morigadaisuki:20190616153910j:plain


5月11日に登った太白山宮城県仙台市太白区・たいはくさん)では、沢山の写真を撮りました。
いつものことですが…ひたすら撮り続けるのでぶれていたり、似たようなものが続いたりです。
スマホには色々機能がついていますが、基本"オート"で撮り続けます。

f:id:morigadaisuki:20190616153933j:plain

頂上にある貴船神社

f:id:morigadaisuki:20190616153954j:plain

西の方角(山形県の方向)
太白山の頂上に登ったのは2回目でしたが、頂上近くのある所まで来るとザーッと強い風が吹いてきます。
初めての時はわかりませんでしたが、同じ所でザーッと吹いたので「もうすぐ頂上だよ!がんばれ」のサイン…と名付けました(笑)


f:id:morigadaisuki:20190616153921j:plain

1枚目と同じ所でズームアップ

f:id:morigadaisuki:20190616154038j:plain

梅雨入りしてからは街なかウォーキングを楽しんでいます。
週末歩かないと調子悪い感じ。体を動かさないとどんよりします。
おいしく食べて、ちょうどいいくらい動いて(個人差あり)、ぐっすり寝て…の心地よいサイクルが健康な心身を作ってくれますよね。

 

f:id:morigadaisuki:20190616154131j:plain

無数の建物。人の営み。
仲良しは高い所から街の景色を眺めるのが好きです。

 

f:id:morigadaisuki:20190616154157j:plain

生出森八幡神社(おいでもり、と読みます)
2011年の東日本大震災で壊れたので、立入禁止になっています。

f:id:morigadaisuki:20190616154215j:plain

山から下って森を歩いていた時に見た木。
なんでこんな形に!?(笑)カクッと曲がっています。

morigadaisuki.hatenablog.com

山に入るということ。

仲良しは反省しています。
「山に入る」ということをなめていました。登っても登らなくても、山に入る時は登山届を出さないと。

 

cashel.hatenablog.com

※リンク追加させて頂きました (2019.6.11)


きゃしぇるさんのブログで、『登山届』提出が義務付けられている山域【長野県】を読ませて頂きました。ハッとして、宮城県はどうなんだろう…と検索してみました。

www.police.pref.miyagi.jp

宮城県警の県内山岳情報のサイトです。以下、サイトから転載しています。

 

宮城県内での山岳遭難事故発生状況(2019年5月20日現在)

・発生件数:9件(2018年:4件・5件増)
・遭難者数:9名(2018年:4名・5名増)
  ・死者:1名(2018年:2名・1名減)
  ・行方不明:0名(2018年:±0)
  ・負傷:1名(2018年:1名・±0)
  ・無事救助:7名(2018年:1名・6名増)

総数9件のうち、山菜・キノコ採り目的が5件で、登山目的は4件。

山域・山系別(件)

栗駒山系:1件(無事救助)
・船形連邦:2件(無事救助) そして

・その他:6件(死者:1名・負傷:1名・無事救助:4名)

いわゆる里山等の山での遭難事故が67%で、けがをしたりお亡くなりになった方もいるのです。お気の毒なことです。

山域・山系別の原因

栗駒山系・船形連邦(病気・疲労:2件、道迷い:1件)
・その他(滑落・転落:2件、道迷い:3件、病気・疲労:1件)

あらためて統計を見てショックでした。仲良しは考え方と向き合い方を改めなければなりません。

そもそも登山届はポスト(届を入れるもの)がある山で提出するもの、という間違った認識を持っていました。アウトドア超絶・初心者なのに、きっちり調べていなかったわけです。
仲良しが登れるくらいの低い山は、出さなくてもいいのだろうと思っていました。

でも、実際の遭難事故発生の内容を見ると、山域・山系以外のその他の山で多く発生しています。
気をつけていても滑ったり転んだり、足をひねったりするかもしれませんし、クマなどの動物に出会ってしまうかもしれません。

でも「その他の山」へ行く時は、家族などに知らせる以外に方法はあるのでしょうか。。

あります! ↓ 宮城県警察の県内山岳情報のサイトに出てます!

 宮城県警察は、公益社団法人日本山岳ガイド協会と「登山届受理システム『コンパス』の活用に関する協定」を締結しています。
 「コンパス」は、気軽に、そして簡単に全国の山岳を対象に登山届を作成、提出できるシステムで、家族や知人などの緊急連絡先に情報が共有されることから、遭難の早期把握と早期通報に効果的です。

 

www.mt-compass.com

 

www.kahoku.co.jp

地元の新聞・河北新報の記事も見つけました。↑

 

f:id:morigadaisuki:20190610221907j:plain

太白山宮城県仙台市太白区)でも少しこういった鎖がある所があります。

f:id:morigadaisuki:20190610221852j:plain

初めての登山でここに来た時、マジでヘルメット購入を検討した仲良し。
なくても大丈夫とのことですが、「初心忘れるべからず」で油断しないことだな。

f:id:morigadaisuki:20190610222346j:plain

鎖の手前にある看板。落石注意。頭上から(自分へ)足下から(他人へ)
2回登りましたが、足をのせるとあぶない緩んだ石・岩もありますので、気をつけて登りました。

初めての山については、他の方の山の記録などを参考に、自分も行けそうか無理なのか検討しています。

「登山のコンパス」は次回山に入るまでに、詳しく読んで使用していきたいと思います。
そして、これからも無理はしない。安全第一で自然と仲良くしたいです。

きゃしぇるさん、ありがとうございました ^^

 

f:id:morigadaisuki:20190610224003j:plain

 

大衡城址から見える七ツ森(宮城県黒川郡)

昨日雨がやんだ後、スーッと雲が切れて青空が見えてきました。
七ツ森(ななつもり・宮城県黒川郡大和町)がよく見える丘に登って、のどかな景色を眺めましたよ。

f:id:morigadaisuki:20190609193651j:plain

七ツ森(宮城県黒川郡大和町

七ツ森は7つの山の総称です。(松倉山、笹倉山、撫倉山、大倉山、蜂倉山、鎌倉山、遂倉山)
全ての山に「倉」がついていますが、これは岩を意味しているそうです。

この風景を眺めた場所は、宮城県唯一の村、黒川郡大衡村の大衡城址の丘。(昭和万葉の森がある大衡村
駐車場が2ヶ所整備されていて、天守閣を模して作られた建物もあります。

 

f:id:morigadaisuki:20190609203351j:plain

大衡城:築城1544年・廃城1590年の山城です。

 

f:id:morigadaisuki:20190609193544j:plain

おじゃまします。

 

f:id:morigadaisuki:20190609193552j:plain

周りの森。雨の後は一層緑が濃く見えます。

 

f:id:morigadaisuki:20190609193604j:plain

お城作るにはピッタリの一等地ですね~。(西南の方角)
下に見える道路は国道4号線・奥州街道です。

 

f:id:morigadaisuki:20190609193617j:plain

昔も田んぼが見えたんだろうなぁ。(南の方角)
この田園風景はこれからもずっと変わらないでいて欲しいです。

 

f:id:morigadaisuki:20190609193651j:plain

七薬師掛け

七ツ森の各頂上には薬師如来が祀られていて、一日ですべて詣でることを「七薬師掛け」といいます。
無病息災が叶うと言い伝えられているのですが、1日で全部登るのは結構きついみたいです。(友達が以前チャレンジした)

f:id:morigadaisuki:20190609193704j:plain

ポコポコこんもり。
城マニアの方はこれが何の役目をしていたかわかるのでしょうね。
ちらっと検索しましたが、仲良しの習性上、検索ラビリンスから戻ってこれなくなるので閉じました(苦笑)

f:id:morigadaisuki:20190609193712j:plain

お城ができたのが1544年。現在は2019年ですから475年後の人間が、昔お城があった丘から七ツ森の景色を眺めているわけです。
今から475年後・2494年の大衡はどんな風になっているのかなぁ。。
どんなに近代化しても、美しい自然はそのまま残していて欲しいです。

ja.wikipedia.org

 



 

 

 

英語で「のこぎり歯」~クヌギの木。

雨ですね。
南東北宮城県山形県福島県)は昨日梅雨入りしました。
その前に週間天気予報を見た時、雨・雨・雨…のマークを見て「きっと梅雨入りだね」って話していました。

さて、マニアック樹皮シリーズ、今回は「クヌギ」です。
森を歩いていると、これによく似た木を多く見かけます。

f:id:morigadaisuki:20190608093915j:plain

 

クヌギ(和名) ブナ科・コナラ属 

樹皮
たてに深く裂けて断面は山形になるのですが、老木になると裂け目が詰まってきて、コナラと紛らわしいこともあるそうです。(※樹皮ハンドブック参照)

利用
成長が早く植林から10年ほどで木材として利用できるようになる。
伐採しても切り株から萌芽更新が発生し、再び数年後には樹勢を回復する。持続的な利用が可能な里山の樹木のひとつ。
材質は硬く建築材ほかで利用され、シイタケ原木や薪炭などにも利用される。


クヌギはカブトムシなどが集まっている木ですね。
子供の頃、虫取り男子チームが夜に集まっていました。どの木に虫が集まるか知っていたので、その中にはクヌギの木もあったんだろうな。
カブトムシ以外にも虫が集まってくる木ですが、樹液が甘いんだろうか・・・虫にとってはおいしくて栄養があるんだろうな。

f:id:morigadaisuki:20190608093925j:plain

うん、目が詰まって堅そうなのがわかります。

【英名】Sawtooth Oak
オーク?「オーク」という言葉は、色の名前や家具や木材の種類で見かけますね。

「Sawtooth」ってどういう意味??
Sawtooth・・・[名] のこぎり歯  [形] ギザギザ状の

おお!そのまんまですね!樹皮のイメージそのままの英名なんですね。
英語では「saw」がのこぎり、「tooth」が歯のこと。
仲良しの頭の中には(トゥースペースト)とか(チェインソー)という言葉が浮かんで、再び「おお!」


ja.wikipedia.org

morigadaisuki.hatenablog.com





近くで見れる白玉の滝(新潟県新潟市秋葉区)

5月2日に行った新潟県新潟市秋葉区にある白玉の滝。
仲良しは菩提寺山の頂上経由で行ったのですが、行って気づいたのは車で近くまで行って少し歩くと滝が見れちゃうということ。
それも間近に…です。

morigadaisuki.hatenablog.com

f:id:morigadaisuki:20190606211407j:plain



f:id:morigadaisuki:20190606211416j:plain

f:id:morigadaisuki:20190606211425j:plain

県道から白玉の滝へ向かう道は狭いので、車で行く時は徐行して下さいね。
民家もありますし、人間以外にも散策してる生き物が出て来るかもしれませんからね。


f:id:morigadaisuki:20190606211434j:plain

素朴な案内板。あら・・・

f:id:morigadaisuki:20190606211448j:plain
f:id:morigadaisuki:20190606211458j:plain

 

去年貼った注意喚起ですねぇ。いてもおかしくありません。森だもの。山だもの。
熊がかわいすぎるね (笑)先月初めて見た熊はまっ黒でしたもん。

f:id:morigadaisuki:20190606211511j:plain

えらい昔からある滝なんだなぁ。
水が枯れることなく今も流れ続けていることに感動します。

 

f:id:morigadaisuki:20190606211520j:plain

おっ!
雌滝(落差7メートル)が見えて来ましたよ。

 

f:id:morigadaisuki:20190606211533j:plain

佐久那殿神社(さくなどのじんじゃ)

f:id:morigadaisuki:20190606211542j:plain

左上の柵が見えますか?
ここ登って行けるようなので進んで行きました。(上に登る途中の狭い所は譲り合いです)

f:id:morigadaisuki:20190606211551j:plain
f:id:morigadaisuki:20190606211603j:plain

LIVE YOUR ADVENTURE !
テンション上がって、左、なぜか画像の設定が正方形になっている(苦笑)

 

f:id:morigadaisuki:20190606211614j:plain

いつか大量の雨が降った時、流されてきたらしき木の枝も。

f:id:morigadaisuki:20190606211635j:plain
f:id:morigadaisuki:20190606211644j:plain

おっ!雄滝(落差15メートル)が見えてきましたよ。

 

f:id:morigadaisuki:20190606211656j:plain

ザーーーーーッ 間近で見れます!
仲良しの前に本格的な撮影の機材を持った方がいらしたので、遠慮がちに撮ろうとしたら、ささっと上の方へ移動してくれました。
「すぐ終わります。すぐ終わります。すみません。ありがとうございます(激写)」

 

f:id:morigadaisuki:20190606211710j:plain

おおおお~! サイズUP!

 

f:id:morigadaisuki:20190606211727j:plain

なぜかうたせ湯を思い出す仲良し。

 

f:id:morigadaisuki:20190606211750j:plain

石油の里の駐車場へ向かう帰り道、民家の桜が本当にきれいで、来てよかったなぁとしみじみ思いました。

f:id:morigadaisuki:20190606211800j:plain

透き通るような花びらです。葉っぱもなんてきれいなの~。
おなかすいてきた~(花より団子か)
この後、ちょっと寄り道しておみやげ買ったりしながら、仙台へと戻って行きます。

f:id:morigadaisuki:20190606211811j:plain

ドーン! 磐越自動車道阿賀野川SA(上り)で食べた豚汁定食。。だったかな。
メニューの名前はともかく、すごくおいしかったです。

米どころ新潟、ごはんはおいしいし、新鮮で元気なたまごは黄身ごと持ち上がるんじゃないかというくらい。
豚汁のお肉も具の野菜も味噌もすべておいしくて、普段の倍の量を勢いで食べてしまいました。(おなかパンパン)

小鉢の漬け物は割り干し大根で作った「はりはり漬け」
作り方も詳しく書かれているサイトを見つけたので、ご覧になってみて下さい。

www.organic-press.com

 

 

 

 

バラ祭り2019~せんだい農業園芸センター②(宮城県仙台市若林区)

花の種類は詳しくないですが、見るのは大好きです。
みなさんのブログにおじゃますると詳しい方が多くて、すごいなぁと思っています。
仲良しも覚えればいいんでしょうね…でも…時々マニアックに何かを調べますが、意外とスーッと抜けていきます(苦笑)

土曜日に見たせんだい農業園芸センターのつづきです。

morigadaisuki.hatenablog.com

f:id:morigadaisuki:20190603213910j:plain

シャルルドゥゴール 1976 フランス

なんてきれいな姿なんでしょう。

 

f:id:morigadaisuki:20190603213926j:plain

花に見とれて名前を確認したりしなかったりです。

 

f:id:morigadaisuki:20190603213936j:plain

f:id:morigadaisuki:20190603213944j:plain

うすむらさきのバラはいい香りがするものが多かったです。

 

f:id:morigadaisuki:20190603213953j:plain

とどろき 1976 エキゾチイィーク…ジャパーン! 億千万♪億千万♪ GO!

 

f:id:morigadaisuki:20190603214002j:plain

ズッシリ感。

 

f:id:morigadaisuki:20190603214012j:plain

頑張ったね!えらいぞ。

 

f:id:morigadaisuki:20190603214025j:plain

他の方が「天国」って言ってた気持ちがわかる。
それと東日本大震災でご苦労なさったらしき方が、「ここでバラを見ると元気になる」って話していました。
2011年3月11日、農業園芸センターも津波の被害にあって本当に大変だったのです。
被災した方々にとって震災前から毎年楽しみに見ていたバラ祭りは、平和と幸福な日常の象徴なのでしょう。

f:id:morigadaisuki:20190603214035j:plain

ブルーリバー 1984 ドイツ

 

f:id:morigadaisuki:20190603214116j:plain

重くて大変だね。よく咲いたね。

 

f:id:morigadaisuki:20190603214126j:plain

きれいだね。見せてくれてありがとう。

 

f:id:morigadaisuki:20190603214137j:plain

仙台市農業園芸センターは1989年開園。
管理・運営は財団法人仙台市農業園芸振興協会で、市民農園や芝生広場、大温室や栽培圃場等の施設で構成されていました。
大温室のみ有料で、仲良しは大温室でボーッとのんびりするのが好きでした。

東日本大震災では、エネルギー棟で81cm、倉庫棟で77cmなど、多くの施設が浸水被害を受けました。多くの植物は津波の塩害により枯死。大温室の熱帯植物も長期間の停電によって空調設備が作動せず、枯死してしまったのです。

2013年5月、農業再生に向けた支援拠点施設として再整備することを決定。2016年4月、リニューアルオープン。(民間2社が運営)

大温室はなくなっても、のんびりするのに最高の場所です。
平地なので歩きやすく、土曜日はデイサービス?のみなさんが車いすで見学していましたよ。
カップルや子供連れの方々はピクニック♪満喫していました。

 

以前の農業園芸センター↓ ウィキペディア

ja.wikipedia.org

 

現在の農業園芸センターHPその1↓

stbl-fruit-farm.jp

 

HPその2 ↓

sendai-nogyo-engei-center.jp

バラ祭り2019~せんだい農業園芸センター①(宮城県仙台市若林区)

 昨日は仙台市若林区にあるせんだい農業園芸センターの「バラ祭り2019」に行って来ました。
毎年人気のバラ祭り、約200種、1200株のバラがいい香りで迎えてくれます。

f:id:morigadaisuki:20190602170303j:plain

木彫りふくろうのベンチ

 

バラ園に近づくと辺り一帯、バラの甘い香りがしています。
幸せ~。
他の方々も口々に「いい香り」「天国だ」など喜んでます。

f:id:morigadaisuki:20190602170311j:plain

ラブ・1979アメリカ 元気に咲いてます!

f:id:morigadaisuki:20190602170322j:plain

ゴールドマリー・1958ドイツ

f:id:morigadaisuki:20190602170332j:plain

レディメイアン・1983フランス

f:id:morigadaisuki:20190602170342j:plain

ガリ・1986フランス

f:id:morigadaisuki:20190602170351j:plain

フレンチレース・1982アメリ

f:id:morigadaisuki:20190602170402j:plain

・・・名前確認するの抜けました。
まだ見始めてすぐなんですが、一所懸命咲いてるバラ達が「見て!きれいでしょ!」「咲いたよ!咲いたよ!」って話しかけてくるので、名前確認してる場合ではなくなりました(笑)
花が好きな方なら、きっとわかってもらえるのではないかと・・・花は話しかけてきますよね??

f:id:morigadaisuki:20190602170411j:plain

それにしてもお世話する係りの方々、これだけ多くのバラ達にお水をあげたり肥料をあげたり、大変な作業ですね。
雨も降らなくてカラカラの2019年、5月下旬は仙台でも異常な高温になりましたし、バラ祭り開催に向けて心配もあったと思います。

農業園芸センターをぐるっと散歩して、写真をたくさん撮りました。
またつづきます。
新潟の白玉の滝も続いてるし、、楽しいとあっという間に写真がたまりますね。

 

sendai-nogyo-engei-center.jp

 

せんだい農業園芸センター・バラ祭り2019

期間:5月25日(土)~6月9日(日)
※5月27日(月)、6月3日(月)は休園日
開園時間:9:00~17:00

 


 

 

菩提寺山山頂からへそ清水(新潟県新潟市秋葉区)

早いですね、6月ですよ。6月。
「スーパーゴールデンウィーク!イェーーーイ!」のヒャッハー状態から、もう1ヶ月経っちゃったんですから…
そして令和元年になってから1ヶ月です。

morigadaisuki.hatenablog.com

f:id:morigadaisuki:20190601195314j:plain

菩提寺山山頂から白玉の滝を目指して階段を降りて行きます。
こっちへ進んだのはなぜか仲良しだけ。他の方は来た道を戻るようです。
なぜだろう・・・

f:id:morigadaisuki:20190601195323j:plain

この後、急な階段が長く続いたんです。たて幅せまいし。
このこと、他の方はきっとご存知で回避したのかな。普段使わない部位の筋肉を使ったので、しっかり筋肉痛になりました(苦笑)

f:id:morigadaisuki:20190601195336j:plain

足が痛いぞ。でも「白玉の滝→」を見て奮起する仲良し。

f:id:morigadaisuki:20190601195346j:plain

看板から一緒になった親子さん、子供より大人のテンションが高くて、お母さんは「森のくまさん」を延々リピートです。
熊さんに出会いたくありません(笑)

f:id:morigadaisuki:20190601195405j:plain

臍清水(へそしみず)
昔、親孝行の権九郎が観音様のお告げで発見したわき水

f:id:morigadaisuki:20190601195356j:plain

親思いの人がわき水を見つけるということは、水不足だったのか体によい水だったのかな。

f:id:morigadaisuki:20190601195433j:plain
f:id:morigadaisuki:20190601195416j:plain

こんな感じの道が続いています。
熊さんに出会~った!をリピートの親子さんは、写真を撮ってる仲良しを抜いて行きました。(何が出てもおかしくない道です)
へそ清水の後、ちょろちょろの水はどんどん増えて沢になっていきます。

f:id:morigadaisuki:20190601195446j:plain

空気がきれい。

f:id:morigadaisuki:20190601195456j:plain

イヌシデ自然林:新潟市指定文化財

morigadaisuki.hatenablog.com

f:id:morigadaisuki:20190601195506j:plain

小川になりました。
水の音ってほんといいものです。しばらくせせらぎの音を聞いていました。(時々リンリンさせながら)

f:id:morigadaisuki:20190601195520j:plain

石積の土留め萌え。

f:id:morigadaisuki:20190601195530j:plain

あれ、これは白玉の滝ではないよね?少しとまどいました。
ワクワク歩いている仲良しには見る物すべてが素晴らしく、段差から流れ落ちる水は滝に見えてしまいます。

f:id:morigadaisuki:20190601195542j:plain

山のわき水がどのように川になっていくのか、知ることができました。
この後、白玉の滝を目指してガシガシ進んで行きます。